時間の流れ

おつかいを兼ねて散歩していたところ、

数年ぶりに小、中学の時の同級生に遭遇した。

車から俺に気づいて、車を止めてくれたんだけど、

よく俺に気づいたものだと思う。

話していくと、中学までの同級生で、地元に残っている人らが、

俺がもっているイメージより多かったこと。

高校の同級生で、あんまりいないから、地元には

あんまり残っていないってイメージが強かった。