CPUの世代での違い

久々にブログを書こうと思い立ったんですが、何も準備していなかったので、最近驚いたことを書いておきます。最近、会社で新しいPCが支給されたり、自分でもPCを買ったりして、複数のPCを触る機会がありました。ここで体験したのが、CPU世代での性能差です。

使ったPCは、下記の3つ
・VAIO S13(CPUはインテル6世代のCOREi7)
・DELL XPS13(CPUはインテル7世代のCOREi7)
・富士通LIFEBOOK UH(CPUはインテル7世代のCOREi5)

VAIOはまだ2年も使っていないモデルで、会社でメインで利用しています。通常の利用に不満はないです。DELL XPSは家用に買ったPCで、VAIOよりも性能がいいのはわかった上で触っているのですが、びっくりしたのは富士通LIFEBOOK。CPUはi5なのに、データ量と数式が多く入ったEXCELファイルを開いたときの速度が、富士通LIFEBOOKの方が、VAIOよりも速かったんです。時間がかかるEXCELの式の再計算に差があったように見えたので、CPUの差だと考えられます。

世代が1世代違ってもi7が優位だと漠然と思っていたんですが、アーキテクチャの進化は想像以上に大きかったです。値段は富士通LIFEBOOKよりDELL XPSの方が安いので、DELL XPSの方がお買い得感があります。DELLの直販サイトでは頻繁に割引もやっているので、週に一回くらいチェックすると、よりお得なキャンペーンで購入することがあります。今(8/12)にやっているキャンペーンは18000円引き+5%オフなので、だいぶお得です。僕が買ったときより安いですね。14万くらいでi7モデルが買えてしまいます。

軽さをもとめる人は、富士通LIFEBOOKです。1kgを切っています。macbookより軽いので持ち歩いでも苦になりません。XPSより高いし、CPUのランクも落ちますが、使い比べなければわからないレベルでしょうし、重さはXPSの2/3程度です。(LIFEBOOKは約800g、XPSは約1200g)

これからは、PCを購入する際に1世代とはいえ、CPUの世代はCPUのランク以上に意識する必要があるデータとして考えていきます。次は、家のメインPCのiMacの買い替えですね。XPS用に4Kの外付けディスプレイも購入したので、次はMacBook Proの15インチにして、机の上をすっきりさせたいと考えています。iMacもスペックも価格も値上がりしているので、迷うところです。iMacはデスクトップ用のCPUを積んでいるのでクアッドコアというのが魅力です。購入資金はまだないし、iMacもMacBook Airも現役で働いてくれているので、購入はまだ先になりそう。今月に第二子も生まれて、また色々買うものも出てきますしね。

WindowsPCを購入する際の参考になればと思います。国産PCだと、今の富士通LIFEBOOKはかなりいいと想います。VAIOが第7世代のCPUを積んできたら、VAIOもいいですね。デザインと使い勝手でいうと、富士通LIFEBOOK、VAIO、DELL XPSのどれかではないかと思います。

コメント 停止中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。