最近使ったExcel関数

■ match(A2, C:C, 0)

A2と同じ項目がC列にいた場合に、その行数を返す。

第3引数の”0″はmatchの条件を”完全一致”に指定。

■INDIRECT(セル位置)

セル位置で指定されたセルの値を返す。

上記のmatchと組み合わせて INDIRECT(“E” & MATCH(A2、C:C, 0)) とか使える

Excel式内の文字列結合は、”&”を使う

■ IFERROR(式、NGだったときに表示させる内容)

式の結果が、”#NOVALUE”みたいに、エラーになった際に、任意も文字列を表示させる関数

上記のmatch、indirectと組み合わせて IFFERROR(INDIRECT(“E” & MATCH(A2, C:C, 0)), “-“)とか使える

文字列解析で、コピペできる位の文字列が対象の場合は、プログラム組むより便利なときもありますね。