最近のバイク事情

仕事帰りに、バイク屋によった。バイクほしい熱が上がりつつある。
買うとしたらリッター以上なんだけど、車くらいの値段がする。新車だと。バイク屋で中古車を見たところ、年式が2,3年以内のものがあまりなかった。10年弱くらい経過しているものが、安いというわけでもなかった。どういうことだろう?このお店がたまたまそうなのか?

理由がわからず、お店の方に最近のバイク事情を聞いてみることにした。
結果、中古車の値段は上がってきていて、それは新車購入する人が減ったから、年式の新しい中古車が減ってきている。だから、希少価値が出て値段があがるとのこと。スポーツバイクに関しては、キャブ車だと、年式が古いのも重なって、人気がないので価格は安い。

スポーツバイクは教習所だけで、あとはずっとキャブ車にのっていたので、これを聞いたときには、寂しかったけど、インジェクション仕様はそれだけ快適なんだろう。車と同じように、チョークを引かなくても、勝手に暖気が必要なときは、エンジン回転数を上げ、スピードやアクセル開度によって、混合気の配分も変えてくれる。正確に。それはきっと楽だ。

18年くらい前のXJR1200(1200自体がレア。現行は1300。)が、400ccの中古と同等か、安いくらいの値段がぶら下げてあった。買ってしまおうかって気分になりかけたくらい安い。これもキャブ車。ほんとに人気ないんだなー。35万切ってた。250ccの新車くらいか。

新しくバイク買うとしたら、お手軽に250ccを買うか、リッターマシンを買うか、迷うところ。欲しいのは、リッターマシンだけど、日頃の足として考えた場合に、250ccに不足はない。もう今はDS1200とか、大型アメリカンって言われてたクラスがほぼ生産中止している。ホンダが新型だしてがんばってるくらい。あとは、新車だとハーレー買うしかない感じ。

大型のスクーターは出てるのにね。楽だよね。服も汚れないし、荷物運べるし。同じクラスなら、ビックスクーターの方が価格は高いから。値段が問題じゃないよね。かっこよさの基準が変わっていただんだろうなー。ビックスクーターもペイントしなおしたら、アキラみたいでカッコいい。

ただ、運転してて面白いのかがよくわからない。試してみたい。
ギア下げて、加速していく気持ちよさがバイクの魅力の1つだと思っているから。

コメント 停止中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。