trigger_errorの使い方

使い方マニュアルはこちら。

http://phpspot.net/php/man/php/function.trigger-error.html

私は読んでもピンとこなかったので、動かしてみることに。

trigger_errorに渡したメッセージが、ブラウザに出力されました。表示形式はphpのエラーと同じフォーマットで、trigger_errorを実行したファイル、ファイルの行数、設定したメッセージが表示されます。

(”}”の対応が間違ってたりしたときに、warningとかでるあのフォーマットです。)

自分で共通クラスとかつくったときに、使い方が間違っていたら今までException発生させて間違っているよということを通知していましたが、trigger_errorを使った方がいいかなと思いました。

Exceptionの中身からエラー発生行数とか見つけなくていいですし。