Zendを使ってZip圧縮

ZendFramework使って、ディレクトリのzipってできますか?
と聞かれたので調べたらでてきた。しかも、filterのところで。

filterは、validateが不正データを検出するのに対して、フィルタリングするってイメージで、入力チェックのイメージが強かったから意外だった。

filterを通すことで、データを変換するってイメージならファイル圧縮がfilterにあるのも納得できる。あー、なるほどねーって思わされた。

使い方は、こんな感じ。

1
2
3
$filter = new Zend_Filter_Compress('Zip');
$filter->setArchive(作成したい圧縮ファイルのパス付ファイル名);
$filter->filter(圧縮したいファイルのパス付ファイル名);



他にもこんな書き方もできそう。

1
2
3
4
5
$filter = new Zend_Filter_Compress(array(
     'adapter' => 'Zip', 
     'options' => array('archive' => '作成したい圧縮ファイルのパス付ファイル名')
));
$filter->filter(圧縮したいファイルのパス付ファイル名);



中身は、ZipArchiveクラス使ってました。

  • web & pc
  • Zendを使ってZip圧縮 はコメントを受け付けていません。
コメントは閉じられています。

return top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。