mac の RAID1(ミラーリング)機能を使った

先日、今までメインマシントして利用していた、Windowsマシンが立ち上がらなくなりました。
症状を友人に話したところ、恐らくマザーボードが壊れたぽいということで、しばらく使えないことに。


そこで、今までプログラム作成用途に使っていたmacbook proを急遽メインマシンにすることに。
重要なのはデータのバックアップ。趣味でDJをやっているので、時間とお金(特に時間)をかけて収集した音源が消えてなくなるのは困る。
しかし、macbook proは、ハードディスクの容量が200G程度。音源が入りきりません。
というわけで、外付けハードディスクを2台買ってきて、両方にコピーしてたところ、以下の記事を見つけました。

【Mac OSの機能だけでUSB接続の外付けHDDをミラーリングする】
http://d.hatena.ne.jp/festango/20090913/1252854323

これなら、2箇所にコピーする手間も省けるし、片方にしかコピーしてなかったという手間も発生しない。
1台に書き込むより多少時間はかかるかもしれませんが、結局2台に書き込むんであれば、それよりかは早いはず。

2台同時に壊れない限りデータもなくならないし、安心です。
今回、データが運良く取り出せたけど、今後も怖いので、音源データでしかもってないものは、ちゃんとバックアップをDVDとかにもとっておこうと思いました。こつこつやろう。

  • mac の RAID1(ミラーリング)機能を使った はコメントを受け付けていません。
コメントは閉じられています。

return top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。