ユニクロの実力

最近、ユニクロでちょうどいいサイズのスリムストレートデニムを買った。


これまではブーツカットとか、ゆるめのストレートのみだったので、

スリムストレートは初めて。でも、とてもいい。


リーバイスとかに比べると、生地は薄めでしっかり感はないけど、

履き心地はいいし、薄い分洗濯した後も乾きが早い。


しかも、4000円弱というお値打ち価格。よくて安いのはかなり強力。

消耗品の部類に入るデニムならなおさら、そこは魅力的。


ファッション業界にいる友達の話によると、ユニクロは価格帯から考えると

とても他社が真似できないようないい生地を使っていることは有名だそうだ。


大量生産による恩恵なのか、理由はよくわからないけれど、

安かろう悪かろうというイメージは必要なさそうだ。

最先端って感じのものはないし、そういうものをユニクロに求める人はいないだろう。


ベーシックなラインのもの、時々やるデザイナーとのコラボ商品。

これらは、少なくともチェックする価値はありそうだ。