Exceptionとか

出張で、家に2週間いなかったのも手伝って、全然更新してませんでした。

その間、初めて業務関係でZend Frameworkをいじれていました。


ある程度の規模のものを作っても全然楽。開発スピードが違う。

特に、ErrorHandler、ErrorControllerを使ったエラー処理は便利。

Exceptionをthrowしておけば、エラーは拾ってくれるし、

Exception内のデータから、エラーの原因も特定できる。

何より、エラーのための処理をソースにあまり書かなくていいから、

可読性がものすごくあがる。これはかなりメンテナンスしやすい!!

Exceptionは、エラー発生ファイル、ライン数、そこまでのトレース情報までわかる。


あと、Smartyの便利さに改めて気づきました。

Smartyから、post、sessionの情報を参照できるのは使うと、手放せません。

まだやったことない方はぜひお試しください。

コメント 停止中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。