Zend_Validate_NotEmptyの注意点

いまさらなんですが、気づいたのでメモしておきます。


Zend_Validate_NotEmptyですが、クラスの中ではphpのemptyメソッドを利用して

判定が行われているので、判定結果もemptyメソッドの処理結果と同様になります。


以前emptyメソッドではまったところなんですが、’0’は空と判定されるのです。

empty(‘0’)は true が判定結果として返されます。


入力チェックで、0 を許容したいところには、Zend_Validate_NotEmptyは使えません。


0 の1文字を許容するところは、数値の入力欄だと思うので、

Zend_Validate_Digitsを利用するといいです。

これは、クラス内で $value === ” という判定を行ってくれますので、

正確に空を判定することができます。

  • Zend_Validate_NotEmptyの注意点 はコメントを受け付けていません。
コメントは閉じられています。

return top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。