Zend_ViewでSmartyをラップする5

前回で、Smartyの利用と、ViewRendererヘルパーを利用して、

Smartyを利用した画面の自動描画が有効になる方法を紹介しました。


今回は、やりたいことの1つ目にあげていた

1.テンプレートの配置をURLからイメージしやすいようにしたい

ということを実現する方法です。


この方法を実行するのは、各コントローラーのindexActionのみです。

そこで、このどちらかを記述すればOKです。


1
2
3
$this->getHeler('viewRenderer')
   ->setNoController()
   ->setScriptAction($this->getRequest()->getControllerName());



または


1
$this->render($this->getRequest()->getControllerName(), null, true);



これはどちらも同じ意味になります。


こうすることで、

http://test.com/aaa/ というURLでアクセスされた場合、

templates/aaa/index.htmlではなく、templates/aaa.htmlを読み込んでくれます。

コメント 停止中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。